セルフチェック

歯磨き粉を使い、丁寧に歯磨きをしても、歯周病になる可能性が。歯周病は、早い段階で気付くのが難しいです。しかし、初期段階でも多少の症状が現れますので、おかしいなと感じたらすぐに歯科へ受診しましょう。

この記事の続きを読む...

他の病気になる可能性

歯周病になることで、他の病気に繋がる可能性があります。歯周病を予防、改善するためには、歯磨き粉を使って丁寧に歯を磨くことが大切です。そうすることで、他の病気になるのも防げます。

この記事の続きを読む...

治療方法

歯周病は、病気の進行状況に合わせて、基本治療、外科治療といった順で治療を進めていきます。歯科で行われている治療について紹介します。自宅で、歯磨き粉を使って丁寧に磨くのも大事なことです。

この記事の続きを読む...

歯科で治療できる

歯周病とは、一言でいうと歯茎が破壊される病気のことです。
また、歯周病になると、歯を支える骨がグラつきます。
歯周病になる原因として考えられるのは、歯を綺麗に磨けていないことです。
歯の表面は、歯ブラシで磨きやすい部分ですが、歯と歯の間は丁寧に磨かないと、汚れを落とすことができません。
綺麗に磨けていないと、歯垢が溜まっていき、歯に炎症が起こります。
歯周病は、他の歯の病気と違い、初期段階では痛みが発生することがあまりありません。
そのため、早いうちに病気を発見するのが難しい病気です。
病気が進行すると、歯肉から血が出る、また歯が抜け落ちるなどの症状が現れます。

歯周病の原因は、磨き残しだけではありません。
他にも、喫煙やストレス、食生活などが原因として挙げられます。
また、日頃口呼吸をするという人も歯周病に気をつけなければなりません。
この病気は、歯茎が乾燥することで起こりやすくなるからです。

口の中がネバネバする、歯を磨くときに血がでるなど、何らかの異常があった場合は、歯周病の疑いがあります。
そういったときは、放置するのではなく、早めに歯科へ受診しましょう。
病気をすぐに治すには、早めの治療が1番です。
歯周病は、初期段階でなかなか目立った症状が現れないため、病気に気付くのが遅れてしまいます。
ですが、少しでも異常を感じたときに、すぐに歯科へ行くことにより、早期発見へ繋がります。

定期的にメンテナンス

歯周病を再発させないためにも、自宅で歯磨き粉を使った丁寧な歯磨きは勿論のこと、歯のメンテナンスを定期的に行うことも必要です。メンテナンスでは、どのようなことを行っているのか説明します。

この記事の続きを読む...

歯の正しい磨き方

歯周病を予防するためにも、正しく磨くことが大切です。歯磨き粉を使って、どのように磨いたらいいのかここで解説していきます。磨き方だけでなく、自分に適した歯ブラシを使うということも大事です。

この記事の続きを読む...

オススメの粉

歯周病予防のためには、どの歯磨き粉を使うのかということも重要です。歯周病に適した歯磨き粉が、現在は多く販売されています。どういった歯磨き粉がいいのか紹介していきます。

この記事の続きを読む...